全国の一般メンズエステ、風俗エステ[回春エステ]、日本人メンズエステ、アジアンエステ店をご紹介!
メンズエステ

メンズエステの仕事は2種類ありますが、1つは男性の美容に磨き駆けるエステサロンです。脱毛、肌の手入れからボディメイクなど幅広い施術をして肌すべすべの雑誌の裏に掲載されるようなフェイシャルエステもメンズエステと呼んだりします。そして、ここで触れるのはエステがメインのメンズエステではないです。メンズエステはリラクゼーションサービスといった癒しを与えるの目的にしたものでマッサージの資格は必要ないです。お客さんにリラックスしてもらうためのマッサージ提供するのが仕事内容であり、アロマトリートメントやディープリンパマッサージや洗体エステなどの種類あります。全体的にアロマオイルローションを利用しからだ流すマッサージをして、オイルにアレルギーのあるお客に代わりにベビーパウダーなどで代用したりします。ディープリンパマッサージはメンズエステにおいて、またの付け根に集中的にほぐすマッサージして、またの付け根焦らしマッサージすだけで性的なサービスではないです。密着マッサージは男性の背面から正面側マッサージするのが密着してるみたいになってることで名づけられました。初心者はマッサージは難しいと思えるでしょうが、ほとんどの店は店の先輩セラピストが実技講習でしっかり教えてくれれて安心です。メンズエステ以外に日本人エステやアジアンエステや韓国エステや中国エステなど幅広くあります。風俗エステはエステ本来の強みのマッサージを基本サービスにした風俗であり、マッサージ盛んなイメージある国名を冠し韓国式、台湾式などと呼ばれます。ひとくくりにアジア系と呼ばれたりしますが、韓国式だけしか表示されてないところは性サービスなしの健全マッサージ点です。性的サービスを期待するなら、性感など言葉セットになってる店を選びましょう。サービス内容はマッサージにヘルスプレイがくっついたと想像してみて下さい。そして、風俗エステの営業形態は店舗、受付、派遣型の3パターンです。客が店に行き女性を選ぶのもサービスも会計もすべてそのテンポ内で済ませられるのが店舗型です。客が店に行き、女性を選び、料金払ったら近くのホテルに移動し、そこでサービス受けるのが受付型で、店には受付しかないということです。そしてお客が自宅を指定し、エステシャンを派遣してもらうのが派遣型です。また、オイル、パウダーのマッサージ的なリフレクソロジー、手こきなどヘルス的サービスセットになってるのが風俗エステの特徴であり、ヘルスみたいに恋人気分でイチャイチャするといった感じでなく、客とエステ嬢しっかり線引きされていて、割とビジネス系な感じです。風俗といえば、お互いさわりあって、いちゃつくのですが、風俗エステに限りそうでない店が多いです。回春マッサージや風俗エステは今はやっています。